トップページ > 肝斑(かんぱん)に効果がある化粧品は? > 肝斑(かんぱん)の治し方

肝斑(かんぱん)の治し方


肝斑(かんぱん)に効く美白成分とは?

肝斑(かんぱん)というのは、頬や目の下にできる薄くて左右対称のシミのことです。

出産などのホルモンバランスの崩れや紫外線、ストレスが原因と言われています。
一言にシミといっても、正確にはシミではありません。
普通のシミの治し方はレーザー治療などがありますが肝斑の場合、レーザー治療はできません。(かえってひどくなる場合も)

なかなか素人目ではシミなのか肝斑なのか見分けることが難しいのですが、肝斑は左右対称に現れるのが大きな特徴です。

肝斑の治療法ですが、皮膚科に行くとトレチノインやハイドロキノンの薬を根気よく続けることが大事のようですが、皮膚科にずっと通うのはかなり大変です。

自宅で手軽にできるケアで肝斑がケアできたらうれしいですよね。

肝斑にも効果があると言われる美白成分にハイドロキノンがあります。

毎日のスキンケアをハイドロキノン配合の化粧品に変えるだけで徐々に肝斑が薄くなっていきます。


≫ハイドロキノンについてはこちら
第1位の人気化粧品体験レポ!
月人気ランキング

ベストコスメ4冠達成!人気急上昇中の敏感肌美白化粧品。

新安定型ハイドロキノン配合で敏感肌の方でも安心して使えます!

国際特許の浸透技術で有効成分を肌の奥までしっかり届けます!

独自複合成分「ピュールブラン」がシミの元メラニンをトリプルブロック!

ルシノールがしっかりメラニンを抑制してすっぴん美人!