トップページ > 厚生労働省認可の美白成分 > 厚生労働省認可(医薬部外品)の美白成分

厚生労働省認可(医薬部外品)の美白成分

厚生労働省認可の美白成分 厚生労働省が認可している美白成分は下記の9つ。

アルブチン・・・コケモモから抽出された成分。
エラグ酸・・・イチゴから抽出。
ルシノール・・モミの木成分に似せた化合物。
ビタミンC誘導体・・ビタミンCを吸収しやすいよう加工したもの。
プラセンタエキス・・豚などの胎盤から抽出。
カモミラET・・・カモミールから抽出。
t-AMCHA・・・シクロアミノ酸誘導体。
トラネキサム酸・・・白い粉末。止血剤・消炎剤。
リノール酸・・サフラワー油などから抽出。

化粧品規制緩和により、様々な美白成分が日々研究開発されています。
その中で、強力な作用があると言われているのがハイドロキノン
しかし、ハイドロキノンは副作用が心配されるということで化粧品への 配合は禁止されていました。

ハイドロキノンは医薬品として使われている成分で、高い効果が期待されています。
しかし、肌への刺激が強いことから、現代では2%以下の配合が安全とされています。
ところが、化粧品業界のテクノロジーも進んでおり、「新安定型ハイドロキノン」というのもあります。
効果はそのままで敏感肌の方でも使えるように肌への刺激を徹底的に減らすことに成功したのです。
第1位の人気化粧品体験レポ!
月人気ランキング

ベストコスメ4冠達成!人気急上昇中の敏感肌美白化粧品。

新安定型ハイドロキノン配合で敏感肌の方でも安心して使えます!

国際特許の浸透技術で有効成分を肌の奥までしっかり届けます!

独自複合成分「ピュールブラン」がシミの元メラニンをトリプルブロック!

ルシノールがしっかりメラニンを抑制してすっぴん美人!